エアコンをDIY?エアコン取り付けの方法

Posted by admin on 18/06/18

通常、家電量販店などでエアコンを購入し、そのまま取り付け工事も一緒に依頼するというのが多いです。しかし、いざエアコン取り付け工事となった時に、室内機と室外機の配管が届かずに追加工事が発生してしまったり、想定以上の高い金額を請求されてしまったりすることもあります。エアコン取り付け業者はたくさん存在しますが、どの業者を選べばよいのかはなかなか難しいものです。そこで、DIY好きであれば、自分でエアコン取り付け工事に挑戦してみましょう。今回は、エアコン取り付けのDIYについてご紹介します。

エアコン取り付けの工事内容は?

エアコン取り付けは、プロの業者だけが特別にできる作業と思っていないでしょうか。実は、もともとエアコンがついていた部屋に新しいエアコンを取り付けする場合は、資格がなくても作業することができます。事前にエアコン用のコンセントがあるかどうか、アース工事が必要ないかなどは必ず確認しておいてください。また、工事をするためには、レンチや真空ポンプといった専用工具がいりますので準備しておきましょう。エアコン設置用の工具セットはホームセンターなどで、レンタルすることもできます。

エアコン取り付け作業は、ざっくり言うと、室内機、フレア加工と配管、そして真空引きを行います。フレア加工というのは、エアコン内を冷やすために循環させる冷媒ガスを通す配管をラッパ状に加工することで、難しい作業となります。ただし、加工済みの配管セットがネット通販などで購入できるので、無理に難しいフレア加工の作業はしなくても大丈夫です。フレア加工の他に難しい作業は、「真空引き」です。真空引きは、フレア加工した配管内を通る冷媒ガスを通す作業です。この作業さえできれば、自分でもエアコン取り付けができます。真空引きは失敗してしまうとエアコン自体が壊れてしまう可能性がありますので、事前に詳しく説明しているサイトや専門書を読むことをおすすめします。

エアコン取り付け工事の注意点

見積りエアコン取り付け工事で注意すべき点ですが、室内機や室外機の取り付けは、家具などの設置と同じでそこまで神経質になる必要はありません。しかし、フレア加工と真空引きについては注意が必要です。フレア加工は、冷媒ガスが通る配管に加工する作業ですが、接続時には、ガスが漏れないように配管の端をラッパ状に加工します。しかし、この加工を失敗してしまうと、冷媒ガスが漏れエアコンが使えなくなる可能性がありますし、周りの環境も悪くなりますので、慎重な作業が必要です。そして、真空引きですが、フレア加工をした配管をすべてつなげた状態で、冷媒ガスを通す作業です。エアコンの配管内は真空になっていないと、エアコンの風が温かくならなかったり、冷えなかったりと温度の調整がうまくいかなくなる原因となります。また、故障や事故の原因にもなりますので、特に注意をしましょう。

フレア加工と真空引き以外の作業は特に難しいものではありませんが、配管が終わった後の壁の穴の隙間はしっかりと埋めるようにしましょう。エアコンの配管の隙間から害虫やねずみなどが侵入するといった問題が起こることがあります。エアコンの配管を穴埋めする専用のパテなどがホームセンターなどで販売されていますのでそういったものを利用するようにしましょう。

このように自分でエアコンの取り付け工事をやってみたいというのであれば、フレア加工と真空引きさえを注意すれば、自分で取り付け工事をすることができます。しかし、どうしてもフレア加工と真空引きなどの作業に不安があるのであれば、専門工事業者に依頼するのをおすすめします。料金は業者によって大きく違いますし、追加作業が発生する場合もあります。事前に見積もりを取ってみるのをおすすめします。

Filed under 未分類

Comments are closed.